沖縄格安ツアーで人気プラン【旅費を抑えて旅行を楽しむ】

海の世界を手軽に楽しむ

人気のマリンスポーツ

海中

沖縄県にある「青の洞窟」は、恩納村真栄田岬にある洞窟で、人気の観光スポットとして知られています。
沖縄県の青の洞窟は、シュノーケリングやダイビングを目的とする観光客が、年間を通じて多く訪れる場所でもあります。
シュノーケリングとは、水面や浅い水中を手軽な道具で移動できるマリンスポーツ(レクリエーション)で、広い世代で人気があるものとなっています。
シュノーケリングは、ダイビングに比べて必要な道具の数が少ないのも特徴です。
シュノーケリングに必要な道具は、必須のものとしてはマスク・シュノーケル・フィンの3点です。
青の洞窟は、水中が青色に輝く神秘的なスポットです。
また、洞窟内の海には魚が生息しており、近い距離でそれらに接することができます。
沖縄県の青の洞窟で、シュノーケリングやダイビングを楽しみたい人は、シュノーケリングやダイビングのツアーに参加してみましょう。
参加方法は簡単なので、ネットや沖縄の情報誌等でツアーについて調べてみることが大切です。
それぞれの選択によって、ツアーにかかる費用に違いがありますので、事前によく調べておくことが必要です。
予算と希望をよくすり合わせ、適切なプランを選択していきましょう。
体力に自信がある人や船酔いが心配な人は、ビーチから歩きでエントリーするプランがよいです。
また、子供連れの家族や初めて青の洞窟に行く人は、船でポイントまで向かうプランがおすすめです。
青の洞窟まで向かう体力の消費を抑えられますし、帰りも楽に戻れます。

特別な資格は必要ない

シュノーケル

青の洞窟という名の観光名所は世界の各所に存在し、日本にも沖縄を始めとして北は北海道南は石垣島まで全国に存在します。
海水が浸食してできた洞窟のことをさし、洞窟の中にはいると太陽光線が反射して神秘的な煌めきを見ることができます。
日本国内では、沖縄の青の洞窟が最も有名で、美しいと評判があります。
沖縄の青の洞窟は、沖縄のマリンレジャーの中でも一、二を争うほど人気の場所です。
シュノーケリングかダイビングが楽しみ方の主なものですが、初心者にも手軽なのはシュノーケリングです。
シュノーケリングとは、水中めがね、シュノーケルとよばれる息をするための装置、フィンなどをつけて、海面を浮きながら海中を観察するマリンアクティビティです。
特別な資格が必要なく、シュノーケルによって息ができるため、子供でも楽しめるのがメリットです。
浅いところならば歩きながら見ることもできるので、泳げないという人でも安心して楽しめます。
ダイビングは体験ならば資格は必要ありませんが、シュノーケリングよりも装備が多く、お金もかかります。
青の洞窟の魚は人間に慣れていて、シュノーケリングやダイビングをしていると魚が寄ってくることが多いです。
そのため、マリンアクティビティが初めての人にもおすすめの場所といえます。
早朝は空いている上光が入りやすく特に美しいので狙い目です。
昼頃はやはり混むため、行列ができることもあります。
落ち着いてみたい人は朝や夕方をねらうとよいでしょう。

初めての人でも楽しめる

女性

沖縄旅行を計画する時、プランから外せないのがマリンレジャーです。
日本では沖縄だけが亜熱帯気候であって、周辺の海は海水温も高いため、多種多彩のサンゴ礁や熱帯魚を見ることの出来るエリアです。
ですので、せっかく美ら海と呼ばれる沖縄まで来て海で遊ばないという手はありません。
マリンレジャーの中でも特に人気が高いのは、軽装備で始められるシュノーケリングです。
3点セットと呼ばれる水中メガネ、フィン、シュノーケル、それに浮力を付けるライフジャケットがあれば、子供から高齢者まで年齢を問わず、どなたでも気軽に体験出来るマリンスポーツです。
沖縄でシュノーケリングを初体験するなら、沖縄中部、西海岸にある青の洞窟が有名で人気のポイントです。
青の洞窟は景勝地・真栄田岬に連なる崖下、素晴らしい自然景観が楽しめるエリアの中にあります。
青の洞窟という名前の由来は、太陽の光が洞窟内に差し込んで、水面を神秘的な青に染め上げることから来ています。
青く輝く水中には無数の熱帯魚が舞泳いでおり、このような幻想的な光景を見られるのはシュノーケリングだけの特権と言えます。
青の洞窟はリゾートホテルが集まる恩納村から近いため、スケジュールが組みやすいのも人気の理由の一つです。
また、那覇市内のホテルからでも片道1時間の距離にあり、日帰りでも充分楽しめます。
人気のシュノーケリングポイントだけあって、陸地からエントリーするツアーや船で行くツアーなど、数多くのマリンショップが青の洞窟ツアーを企画しています。
料金やツアーの内容、所要時間などを考慮して、自分たちに合ったツアーを選んでみるといいでしょう。