沖縄格安ツアーで人気プラン【旅費を抑えて旅行を楽しむ】

癒しの島で島生活を体験

珊瑚に囲まれた美しい島

海

与論島は、鹿児島県にあり、奄美群島で沖縄に最も近い場所にあります。
島の周辺はサンゴ礁に囲まれ、礁の内側は、水深が2mほどの浅い海が広がるサンゴ礁の島です。
癒しの島とも呼ばれるこの島の特産品は、海洋深層水で作られる塩、サトウキビで作られるキビ酢、乾燥モズクで作るもずくそばが有名です。
この島は、観光業が主体で年間に15万人ほどの観光客が訪れます。
与論島は、奄美群島国立公園に属して、奄美十景のひとつの百合ヶ浜は特に有名です。
また、毎年3月に行われるヨロンマラソンも多くの観光客が訪れます。
沖合1.5キロの場所に、春から夏の干潮時に現れ幻の白い砂浜と言われる百合ヶ浜は、観光の目玉となっています。
与論島は、きれいで神秘的な島で宿泊するのならば島の文化を体験できるホテルよりも民宿が楽しめます。
リゾートホテルでは施設も整って綺麗かもしれないですが、与論島の食文化、人のやさしさ、独自のもてなし方、価格を考えると民宿も楽しいものです。
民宿は、家族経営の所が多く、故郷に帰ってきたような気持が味わえます。
日頃の忙しい毎日を忘れるのならばアットホームな民宿が良いかもしれません。
与論島にもリゾートホテルもあります。
非日常を感じるにはリゾートホテルも良いでしょう。
施設やサービスを堪能して、与論島のリゾート感と特別感を得るにはホテルも良いでしょう。
価格的には、民宿よりも割高になりますがゆっくりとした時間を過ごせます。
民宿でもホテルでもその人に合ったタイプを選んで与論島を満喫しましょう。

マリンレジャーが楽しめる

男女

与論島は奄美群島の一つで、全体の面積が20.8キロ平方メートルを有する鹿児島県最南端の島です。
位置的には所属している鹿児島県よりも、沖縄県の方が近い距離にあります。
周囲を美しい海で囲まれている与論島は、マリンレジャーの施設が充実しておりシーカヤックやダイビングなどが楽しめるのです。
面積は広くはない与論島ですが、坂道が多いため歩くのが苦手な女性にお勧めなのがレンタカーでのドライブを使った観光スポットめぐりになります。
資料館や歴史的な建築物を見物したり、与論の赤土を使って焼き物を作ってみるのも素敵な思い出となるでしょう。
そして与論島の魅力は何といっても、それぞれの趣が異なった60もの数がある浜辺の美しさです。
茶花市街地のすぐ近くにあるウドノスビーチでまったりするもよし、岩場が多いハキバナ海岸で磯遊びに興じるのもよいでしょう。
またこの島は、その美しさゆえに映画のロケ地になったこともあるのです。
映画で使われた小道具やビーチ、食事などの多数のシーンで登場したホテルがあります。
映画で登場したホテルは、実際にホテルとして実在しているので、予約すれば宿泊が可能です。
島内の各地に広がっている宿泊施設は、高級リゾートホテルから気安さが売りの民宿まで揃っています。
別荘感覚で宿泊したい人には、ヴィラがお勧めです。
与論島へ行くには、空路か航路になりますが、最も早いのは沖縄から飛行機を使う行き方になります。
特産品としては海洋深層水をくみ上げて作る塩と、サトウキビの搾り汁を発酵させるきび酢も有名です。

入念なリサーチが必要です

ウーマン

与論島は沖縄本島から北へ約20kmのところにある小さな島です。
沖縄県から近い距離にあるのですが、住所では鹿児島県となっています。
絶景の島として、日本だけでなく世界各国から観光客が訪れるため多くのホテルが点在しています。
ホテルといっても、リゾートホテルのような高級感のあるところから民宿のようなところまで様々なタイプの宿泊施設が与論島にあります。
与論島でホテルを探している方はまず、予約の手配から始めてみましょう。
リゾートホテルのような場所に宿泊する場合、多くのホテルでは自社のインターネットサイトから予約ができる仕組みがあります。
その際に、空室があるかどうか最安値の日にちはいつなのかを確認しておきましょう。
民宿などで宿泊する場合は、事前に口コミサイトでどんな部屋タイプがあり定員は何人までかをリサーチしてから予約を行いましょう。
民宿の場合、直接電話もしくはFAXでの予約になる場合が多いです。
電話をかける際には自分の希望を簡潔に伝えるようにしましょう。
また、予約する際はいくつか宿泊先の候補をあげておくと万が一満室だった場合に対応ができます。
与論島に行く場合、海が綺麗なので水着を持っていく方が多いです。
南の島では日差しが強烈に降り注いでいますので日焼け止めクリームや上に着るTシャツを用意しておいてください。
また、島にはいくつかの病院はありますが重病だった場合近くの大きな病院に輸送されての治療になります。
旅行前日は体調を整えてから出かけるようにしましょう。