沖縄格安ツアーで人気プラン【旅費を抑えて旅行を楽しむ】

プランのチェックが大事

沢山のポイントがある

魚

連休を利用して沖縄旅行に出掛ける予定の方も大勢いらっしゃるでしょう。
沖縄には沢山の魅力的スポットが存在しますが、中でも人気を集めているのがマリンスポーツです。
特に初心者でも気軽に楽しめるシュノーケルは男女問わず人気が集まり、沖縄の美しい海を求めて世界中の方が訪れています。
また、沖縄のシュノーケルの魅力は美しい海を堪能できる、という事だけではありません。
沖縄には他の地域には無い沢山のダイビングスポットが存在します。
それぞれのポイントで南国ならではの地形と生き物を楽しむ事ができ、初心者から上級者まで堪能する事が出来るでしょう。
また、沖縄にはシュノーケルのプランを提供しているダイビングショップが豊富にあるので、目的に合わせながら選ぶ事が可能です。
シュノーケルを通して洞窟やトンネルを探索したり、様々な生き物と触れ合えたりと思い出に残るシュノーケルを楽しめるでしょう。
そして、また違う雰囲気を楽しめるナイトダイビングが体験できるのも魅力の一つです。
沖縄は海だけで無く、星空も非常に美しく、無数に散らばる星と優雅に泳ぐ熱帯魚を同時に楽しむ事が出来ます。
沖縄の海は透明度が高い為、ライト一つで昼間とはまた違う生物に出会う事が出来ます。
シュノーケルに必要な道具は各ダイビングショップでレンタルする事が出来ます。
実際に海に潜る前にしっかり指導をしてくれるので、不安に感じている方も安心して楽しめるでしょう。
お子さんと楽しみたい方は、年齢に合わせたプランをチェックしておきましょう。

お子様と楽しめるマリンスポーツ

水中

沖縄は海に囲まれており、一年を通して温暖な気候のため、マリンレジャーに人気があります。
マリンレジャーには様々なものがありますが、最も人気があるといっても過言ではないのがシュノーケルです。
シュノーケルは器具をつけて水中をのぞくマリンレジャーです。
シュノーケルとよばれる器具が息継ぎをサポートしてくれるため、泳ぎが苦手な人でも安心して楽しめます。
フィンという足ひれもつけているので、無理なく泳ぐこともできます。
水中めがねを着用するため、目に水が入ることもなく、幼い子供でも楽しめるというメリットもあります。
歩けるような場所でも楽しめるので、プランによっては4歳から可能となっていることもあるほどです。
器具が大がかりでないので料金も比較的安く、手軽に楽しめるという魅力もあります。
沖縄の海は透明度が高いことで知られていますが、それだけではなく様々な生き物がいることでも有名です。
映画で有名となったカクレクマノミや、様々な熱帯魚を見ることができます。
そのため、シュノーケルといった手軽なマリンレジャーでも十分楽しめるのです。
沖縄でシュノーケルをするときは、ビーチスタートかボートスタートかという選び方があります。
ビーチスタートとは、沿岸から入るシュノーケルのことで、泳ぐのが不安な人や船酔いがある人などにおすすめです。
小さなお子さんがいるときもよいでしょう。
沖縄ならば沿岸でも十分楽しめます。
ボートスタートとはボートで沖まで出て、それから行うシュノーケルです。
より多様な種類の魚を見ることができるのが魅力です。
目的や個々の状況に応じて選ぶのがおすすめです。

本島でも離島でも

シュノーケル

沖縄は、世界でも有数の透明度を誇る美しい海が広がっております。
しかも、サンゴ礁や様々な魚を見ることが出来るので、シュノーケルを楽しむには絶好のエリアと言えるでしょう。
シュノーケルは、ダイビングのようなライセンスが不要で、どなたでも楽しむことが出来ます。
沖縄でシュノーケルを楽しむには、まずエリアを決める所から始めます。
なぜなら、沖縄はシュノーケルを楽しむエリアがたくさんあるからです。
具体的には、沖縄本島で楽しむか、あるいは離島で楽しむかで行動が分かれます。
沖縄本島で楽しむ場合は、直接本島のビーチから海へ入っていく事が出来ます。
離島でシュノーケルを楽しむ場合は、沖縄本島から高速船やボートに乗って離島へアクセスする必要があります。
離島へ向かう途中、沖縄のさわやかな風を感じながら海の景色を楽しむ事が出来ます。
離島でお勧めなのが、慶良間諸島です。
沖縄本島から、高速船で40分程度で行くことが出来ます。
比較的浅い海にサンゴ礁が広がっているうえに、サンゴ礁に群がる色鮮やかな魚を堪能することが出来ます。
深く潜る必要が無く、水面からでも十分楽しめるので、泳ぎが苦手な人や子供でもシュノーケルを楽しむ事が出来るエリアなのです。
ひょっとしたら、ウミガメを見かけるチャンスに巡り合える可能性もあります。
沖縄でシュノーケルを楽しむ時間は、本島でも離島でも約半日くらいが一般的です。
ビーチやボート上で適度に休憩を挟みながら、沖縄の海を満喫しましょう。